• コメント

女子選手不明でIOCに疑問 中國批判せず、うのみ―人権団體

2021年11月19日20時17分

中國のプロテニス選手、彭帥さん=2008年8月、北京(AFP時事)

中國のプロテニス選手、彭帥さん=2008年8月、北京(AFP時事)

  • 中國の張高麗?前筆頭副首相=2016年3月、北京(EPA時事)

 國際人権団體ヒューマン?ライツ?ウオッチ(HRW)は18日、中國のプロテニス選手、彭帥さん(35)が性暴力を告発後に行方不明になった問題で聲明を出し、北京冬季五輪を控え、中國政府を批判しない國際オリンピック委員會(IOC)の対応を疑問視した。「重大な告発をする女子オリンピック選手を犠牲にし、IOCが政府の説明をうのみにするとは驚きだ」と強調した。

告発の中國テニス選手、消息絶つ 大坂選手ら、安否を心配

 彭さんは2日、張高麗?前筆頭副首相(75)から性的暴行を受けていたと中國版ツイッターで告発。投稿の削除後、消息が途絶えた。
 大坂なおみ選手らが安否を心配する中、中國國営メディアは18日、彭さんが告発を撤回したとする女子テニス協會(WTA)宛てのメールをツイッターに掲載。かねて懸念を示してきたWTAは偽メールと疑う一方、IOCは「無事との説明を心強く思う」と中國側に同調したという。
 HRWは、IOCの「パートナー」である中國政府が新疆ウイグル自治區などで人権を侵害していると非難した上で、北京冬季五輪について「國內外で政府と共産黨の地位を向上させる地政學的イベント」だと指摘。「選手を虐待する機會ではなく、人道を祝福する行事でなければならない」と注文を付けた。 (時事)

関連記事

特集

國際用語

國際

コラム?連載

ページの先頭へ
時事通信の商品?サービス ラインナップ
暖暖日本在线观看高清中文-暖暖视频 高清 日本
壤塘县| 迁安市| 哈尔滨市| 上林县| 滨州市| 商丘市| 南雄市| 忻城县| 德州市| 富锦市| 格尔木市| 合水县| 周口市| 突泉县| 体育| 沂水县| 朝阳区| 涪陵区| 安泽县| 绵阳市| 吉安县| 达孜县| 固阳县| 马鞍山市|