香港、警官負傷でイノシシ駆除開始 餌でおびき寄せ殺処分

2021年11月19日11時57分

【香港AFP=時事】香港で、警官が野生のイノシシに襲われて負傷したことから當局が駆除を開始し、餌をまいて群れをおびき寄せ、一晩で7頭を殺処分した。地元の動物愛護団體は怒りの聲を上げている。(寫真は香港の仔郊野公園で、來園者が持ち込んだパンを食べる野生のイノシシ)
 密集する高層ビルで知られる香港だが、亜熱帯性の山や緑地も多く、イノシシが多數繁殖している。先週、警官1人がイノシシに襲われて足を負傷。その3日後、漁農自然護理署(農漁業保護局、AFCD)は市街地に出沒したイノシシを捕獲し殺処分する新方針を発表した。
 駆除作戦が始まったのは17日夜。AFCDの職員が香港仔(アバディーン)地區の道路を封鎖し、地元報道陣の前で路上にパン粉をまくと、すぐにイノシシの群れが現れた。7頭が麻酔銃で捕獲され、その後、薬物注射で殺処分された。
 香港愛護動物協會(SPCA)は18日、AFCDの駆除作戦とイノシシの個體數管理のための「あらゆる殺傷手段」に「厳しく反対する」と表明した。
 香港では近年、イノシシとの驚きの遭遇が地元メディアをにぎわせている。イノシシが路上で車と並走したり、ビーチで日光浴をする人々の間を駆け回ったり、香港國際空港の駐機場でにおいを嗅ぎ回ったり、さらには子ども服店の天井を突き破って落ちてきたりする姿が撮影されている。
 當局は、イノシシが人を襲う事例はこの10年間で47件報告されていると指摘。イノシシが人間から餌をもらったり、市街地をうろついたりすることに慣れてしまった地域を対象に駆除作戦を展開していくと説明した。
 13の動物愛護団體が連名で立ち上げたイノシシの殺処分方針の撤回を求めるオンライン署名には、既に7萬筆以上が集まっている。【翻訳編集AFPBBNews】
〔AFP=時事〕

この記事の英文はこちら【英文時事コム】

関連記事

特集

ワールドEYE

コラム?連載

ページの先頭へ
時事通信の商品?サービス ラインナップ
暖暖日本在线观看高清中文-暖暖视频 高清 日本
榆林市| 临桂县| 台前县| 石泉县| 财经| 广水市| 南投市| 紫云| 长宁区| 台江县| 西乌珠穆沁旗| 江安县| 梅河口市| 中山市| 五原县| 泽普县| 洛宁县| 玉溪市| 怀化市| 嘉善县| 石屏县| 黎城县| 当阳市| 和政县|