衆院選直前、矢野財務次官の寄稿をどう読むか レスキュー隊がレスキューされる不條理國家ニッポン

同志社大學大學院ビジネス研究科教授 浜矩子

 矢野康治財務事務次官が月刊誌「文蕓春秋」2021年11月號に寄稿した。タイトルは「財務次官、モノ申す 『このままでは國家財政は破綻する』」だ。現役のトップ財務官僚が、総選挙目前のタイミングで「ご政道批判」の聲を上げたのである。世の中が大いに騒いだ。そして、政府?與黨が大いに慌てた。不快感をあらわにしたり、「個人的見解だ」と火消しに躍起になったり。野黨側では、さほどの狼狽(ろうばい)は表面化していないようだ。だが、寄稿の中では、與野黨挙げての「バラマキ合戦のような政策論」が批判されているのであるから、內心穏やかではないだろう。

 寄稿の內容はいたって正攻法だ。淡々と狀況を説明し、情報を提供している。いかにも、善良なるお役人らしい論考だ。このような文章を寄稿するのに、「やむにやまれぬ大和魂か、もうじっと黙っているわけにはいかない」という決意を要する。ここに、今の日本の政治狀況の問題がある。そう強く感じた。真剣な論議なきトップダウン。この方式が定著してしまう中で、良識と良心ある者たちが沈黙する。矢野氏も、本當はもっと激しい筆致で思いの丈を吐露したかったかもしれない。

有事に弱者を救済するために

 それはそれとして、日本の目下の財政狀況をどうみるか。今は均衡財政や財政再建にこだわっている時ではないのか。財政節度を重視し、「基礎的財政収支にこだわり、困っている人を助けないのはばかげた話」(高市早苗自民黨政調會長)なのか。

 困っている人を助けないのは確かにばかげた話だ。ばかげた話というよりは、けしからん話だ。弱者救済は経済政策の究極の使命だ。高市氏が言う「(財政資金を)必要な時に使わなくてどうするのか」も誠にごもっともである。

 だが、困っている人を困っている時に助けるためにこそ、財政はそれができるためのゆとりを用意しておかなければいけない。必要な時に使えるためにこそ、平素から使える資金を準備しておかなければならないのである。無い袖は振れない。政府も日銀も、カネを振り出す打ち出の小づちを持っているわけではないのである。

 もっとも、安倍元首相は打ち出の小づちの存在を信じ切っているようだ。何しろ、彼は矢野寄稿に関して「あれは間違った見解だよ。(日本國債は)自國通貨建てなんだからデフォルト(償還不能)はない。ああいう形で発表するのは非常識」だと言ったと報じられている(毎日新聞2021年10月18日付朝刊「風知草」)。日銀がいくらでもお札を振り出してくれると考えているらしい。この発想こそ、國家破綻に道をつけてしまう元兇だ。筆者はそう確信するし、間違いなく、矢野氏も同じことを考えていると言っていいだろう。

 矢野寄稿に次のくだりがある。「…これまでリーマン?ショック、東日本大震災、コロナ禍と十數年に二度も三度も大きな國難に見舞われたのですから、『平時は黒字にして、有事に備える』という良識と危機意識を國民全體が共有する必要があり、歳出?歳入両面の構造的な改革が不可欠です」。ここに出てくる「平時は黒字にして、有事に備える」が勘所だ。有事に弱者を救済し、有事にカネを使うためにこそ、平時に余裕を積み上げておかなくてはいけない。財政運営からこの認識が欠落すると、國家は間違いなく破綻する。そのような國家は破綻に値する。だが、國家が破綻すれば、人々が不幸になる。だから、我々は國家をこうした愚論?愚行から守ってやらなければいけない。

時評?opinion バックナンバー

特集

コラム?連載

ページの先頭へ
時事通信の商品?サービス ラインナップ
暖暖日本在线观看高清中文-暖暖视频 高清 日本
阜平县| 黑山县| 凭祥市| 南京市| 耿马| 孙吴县| 广州市| 平谷区| 张北县| 乌拉特后旗| 黄梅县| 铜山县| 浦东新区| 全南县| 湘阴县| 汉寿县| 西乌珠穆沁旗| 临武县| 绥中县| 班戈县| 信阳市| 沁水县| 临潭县| 泗阳县|