ジョイナーの世界記録はついに破られるか? 「不滅」の10秒49にジャマイカ選手2人が肉薄

世界歴代2位と3位

 30年以上も破られていない女子100メートルの世界記録(10秒49)が、ついに塗り替えられるか。世界の陸上界は今、2人のジャマイカ人スプリンターに注目している。今年、世界歴代2位の10秒54をマークしたエレーン?トンプソンヘラ(29)と、同3位の10秒60を出したシェリーアン?フレーザープライス(34)。來年はいよいよ、世界の女子スプリント界で時計の針が動きだすかもしれない。(時事通信ロンドン特派員 青木貴紀)

◇ ◇ ◇

 10秒49は、フローレンス?グリフィス?ジョイナー(米國=故人)が1988年に全米選手権で記録した。長い髪をなびかせ、長く伸ばした爪には色鮮やかなマニキュア。圧倒的な速さと個性的なスタイルで強烈な印象を殘した。同年のソウル五輪で400メートルリレーを含む短距離3冠を獲得し、29歳で引退。同五輪で樹立した200メートルの21秒34も今なお世界記録として殘る。

 90年代以降、昨年までに10秒5臺か、それより速いタイムで走った選手はいない。10秒6臺でさえマリオン?ジョーンズとカーメリタ?ジーター(ともに米國)の2人だけ。ジョイナーに迫る選手は現れず、永遠に破られない「不滅」の世界記録と言われてきた。

トンプソンヘラ「世界記録を意識して」

 そんなムードが、今年になって一変。突如として記録更新への期待が高まった。トンプソンヘラは東京五輪の100メートルと200メートルで2大會連続の2冠。100メートルは向かい風0.6メートルの恵まれない條件下で10秒61を出し、ジョイナーがソウル五輪で出した五輪記録を0秒01短縮した。

 五輪後初戦となった8月のダイヤモンドリーグ(DL、米オレゴン州ユージン)では10秒54と世界記録に0秒05まで肉薄。今年は10秒6臺を3度もマークし、確かな実力を印象付けた。DL公式サイトによると、9月のDL今季最終戦後、「今年は浮き沈みの激しい長いシーズンだった。でも、來年は世界記録を必ず意識していきたい」と宣言。射程圏に捉えている。

特集

コラム?連載

ページの先頭へ
時事通信の商品?サービス ラインナップ
暖暖日本在线观看高清中文-暖暖视频 高清 日本
离岛区| 冕宁县| 武定县| 启东市| 临夏县| 台湾省| 内丘县| 肥东县| 莲花县| 宜丰县| 新民市| 卢湾区| 洪江市| 禹州市| 云梦县| 勃利县| 双辽市| 武强县| 顺义区| 甘肃省| 江口县| 柳江县| 锡林郭勒盟| 嵊州市|